『けんいちから和美へ-青空書房店主の妻恋記』!

 誕生日プレゼントに、あざみエージェントの冨上朝世さんから、さかもとけんいち著『けんいちから和美へ-青空書房店主の妻恋記』(あざみエージェント・1778円税込)をいただきました♪
 90歳すぎまで古書店・青空書房を営業されていた、さかもとけんいちさんの遺作です。亡くなった妻の和美さんへ綴りつづけた絵手紙や家庭内通信、エッセイやポスターなどが収められています。
 妻への切々とした愛情が伝わってきて、泣けてきます。そして、ここまで伴侶を愛せるさかもとさんがうらやましいです……。
「そんなこといってないで、愛せばいいんです。夫婦というものは戦士同志なのですから」
 と、さかもとさんにいわれそう。
 ぜひ、あざみエージェントのオンラインショップかアマゾンでお買い求めください!
 この本ですが、字や絵を眺めているだけで楽しくなってきますよ♪ 以前ここで紹介した前作『ほんじつ休ませて戴きます』(主婦の友社)もそうでした。
b0122645_23190448.jpg


by ashikawa_junichi | 2018-07-19 23:21 | いただきもの | Comments(0)
<< 新宿西口飲み会の夜 カンガルー、ダチョウ、ワニの肉... >>