『馬ござる』で馬三昧の夜(24日)

 24日、月曜日は、カフェ百日紅に集合してから、6人で十条駅近くの馬肉専門店『馬ござる』へ!
 たらふく食べて2000円ちょっと。以前にいった板橋駅近くの『馬の串ん』よりお金少しかかりましたが、その分多く食べてますから、コストパフォーマンスは同じくらいでしょうか。いや『馬ござる』のほうが肉の量が若干多いかも。
 しかし、この店、店名がどこにも書いてない! いや、書いてはありますが、表のガラスドアに貼ってある紙に手書きです。店を知っている人がいたから、すんなり着けましたが、知らなかったら迷うところでした。
b0122645_20295778.jpg
 まず馬刺しの四点盛り。馬のもも肉、肩ロース、あばら側の肉、胸椎後方の肉!みんなかなり旨い! たてがみなど、当日は店にない部位があって、食べられなかったのは残念。
b0122645_20315625.jpg
 馬のレバー。なかなか旨い!
b0122645_20343708.jpg
 馬のタン。なかなか旨い!
b0122645_20351140.jpg
 もやし炒め馬肉入り。もやしも馬肉もなかなか旨い!
b0122645_20363767.jpg
 エリンギ。これもデカイ! そして、旨い!
b0122645_20371973.jpg
 馬の脊髄。白子っぽいです。好みの分かれるところ。白子のほうが旨い。でも、これもまあまあ。
b0122645_20375692.jpg
 ねぎ塩のぶつ切り馬肉。これも生で。旨いです!
b0122645_20385166.jpg
 もうお腹いっぱいですが、もう少し食べたいという若い大食漢が頼んだのがコレ。メニューには『つくね(ハンバーグ目玉焼きつき)』とありました。見た目はハンバーグですね。(左上です)ちょっとだけもらいましたが、けっこう旨い!
b0122645_20420995.jpg
 どこの馬肉なのかはわかりません。訊けば教えてくれたのかもしれませんが、客がたくさんいて、スタッフたちは大忙し。とても訊ける余裕がありませんでした。
 まあ、熊本とか長野とか宮城ではないでしょう。でも、なかなか旨かったのですから、そして大変に安いので、充分に満足です!
 デザートに黒ごまアイスを2人でひとつ。アイスに黒ごまの蜜がかかっているので、甘~~~~いです。ひとつだと甘すぎて食べられないかも。シェアしてよかった。
b0122645_20473695.jpg
 2時間制でしたが、1時間40分くらいで、もう食べられず飲めずなので、終了しました。

 時間を遡って……店には19時に予約を入れていたのですが、10分早く着いてしまったので、すぐ近くにあるという大衆演劇の芝居小屋・篠原演芸場を外観だけ見学。キレイな建物です。
b0122645_20502270.jpg
 実は十条駅で降りたのは、おそらく生まれて初めてです。アーケードのある道を撮影しました。ちょっとだけタイムスリップしたような……どこかの地方都市に来ているような……。なかなか楽しそうなので、また来てみたいです。
b0122645_20541832.jpg

by ashikawa_junichi | 2018-09-26 21:01 | 食べ物 | Comments(0)
<< 千野隆司さんの新刊『入り婿侍商... 細谷正充さん編集の新刊『作家た... >>