ショーン・タンの世界展!(ちひろ美術館・東京)

 7月4日木曜日の午後、上井草の「ちひろ美術館・東京」へいってきました。
ショーン・タンの世界展』開催中です。
 ショーン・タンの絵本を読んだとき、ぶっとびました! それを確認しにいった感。
 さらに制作の過程を知って、超弩級に丁寧に作っているんだなあと感嘆しました。『アライバル』は5年かけて描いたそうです。
ショーン・タンの世界展!(ちひろ美術館・東京)_b0122645_22040941.jpg
ショーン・タンの世界展!(ちひろ美術館・東京)_b0122645_22042953.jpg
『ちひろ美術館・東京』の入り口です。
ショーン・タンの世界展!(ちひろ美術館・東京)_b0122645_22045504.jpg
 いわさきちひろの常設展示もあって、これも見応えがありました。
 一隅には、ちひろさんの仕事場を再現してあり、故人であるちひろさんの息づかいが聞こえてくるようでした。
 展示場が分かれていて、ショーン・タンの展示はもう終わりかなと勘違いして、ちひろ作品をゆっくり観ていったら、まだ一室、ショーン・タンの部屋が残ってました。おかげで、上映していた短編アニメを全部観ることができず、インタヴュー映像(かな?)も見逃しました。残念! 今月の28日までやっているので、時間があったら、もう一度いきます。

 上井草にいったのは初めてです。ちょっとした小旅行をした気分に。
 なんだか懐かしい札幌ラーメンの店。『どさん娘』!
ショーン・タンの世界展!(ちひろ美術館・東京)_b0122645_22153057.jpg
 ゴージャスな駄菓子屋!
ショーン・タンの世界展!(ちひろ美術館・東京)_b0122645_22162694.jpg

by ashikawa_junichi | 2019-07-04 22:20 | 音楽・アート | Comments(0)
<< 池袋西口呑み会 なついろむそう! >>