京都アニメーション

 昨日、京都アニメーションの放火被害を知ってから、どうも鬱々としています。
 なんでこんなことに!?
 世の中には悲惨なことが多く、それを知るにつれ、気分は落ち込みます。それが身内のこととなれば、さらに辛いです。
 京アニとぼくはなんら関係はなく、身内ではないですが、なぜこんなに鬱々とするかというと、やはり京アニの存在がぼくにとって大きかったからです。
『氷菓』『たまこラブストーリー』『響け! ユーフォニアム』などなど……そのクオリティの高い美しい画面に釘付けになっていました。
 ただ、そうしたこととは別に、当たり前のことですが、理不尽なことで犠牲になったかたがたのご冥福を祈り、負傷されたかたがたの一刻も早い快復を願うほかはありません。

by ashikawa_junichi | 2019-07-19 18:32 | 事件・事故・天災 | Comments(0)
<< 細谷正充さん編集の『あなたの不... 千野隆司さんの『贋作の謀-おれ... >>