『ゴーストランドの惨劇』!(ネタバレはあるようなないような……ほぼないかな)

 16日金曜日、思い立って、新宿武蔵野館へ!
 新しくなって初めてきました。なかは複合映画館(でいいのかな)になってました。(とっくにか)
 目当ては『ゴーストランドの惨劇』です。
 ひとつ前の回を見終わった客のなかに、「ごわがっだあ~」と泣きながら出てきた女の子二人組がいました。うーむ、そんなに怖いのかとわくわくして待ちましたよ。
 結果は……いやあ、評判どおりエグいです。エグい! 怖かったかというと……まあ……とにかくエグい! 見終わってもエグい! エグさが残ってしまって、さあどうするか……。と、書いているぼくは、この映画を評するのに「エグい」という言葉でよいのかどうか、よくわかりません。なんだか便利な言葉なので、使ってしまってます。
 ただ、女性……とくに若い女の子は、主人公に近いせいで、格別な怖さなんでしょうねえ。
 ネタバレをひとつ。(たいしたネタバレではないです)なんと! あのクトゥルー神話などで有名な伝説のホラー作家H・P・ラヴクラフトが出てきます♪ 主人公の憧れの作家がラヴクラフトなんですが……。
 最後にひとこと。見終わったあとエンドロールが流れますが、最後まで立てません。立ってしまってよいのか!? そんな気分にさせるのです。ともかく、気が抜けない映画でした。
 映画館のなかに作られた『ゴーストランドの惨劇』のミニチュア・イメージセット(みたいなもの)。いろいろ工夫している映画館ですね。
『ゴーストランドの惨劇』!(ネタバレはあるようなないような……ほぼないかな)_b0122645_22071585.jpg


by ashikawa_junichi | 2019-08-16 22:14 | 映画・演劇 | Comments(0)
<< 『ゴートスランドの惨劇』の結末... 千野隆司さんの新刊『無人の稲田... >>