『川瀬巴水 旅と郷愁の風景』展

 14日火曜日、SONPO美術館へ。『川瀬巴水 旅と郷愁の風景』展を観ました。
 いまは高層ビルなどが建ち並んでいますが、昔はこんなに空が広くてすがすがしい景色だったんだなあ……なんて気持ちになりました。版画の制作過程と完成した作品を見ていると、素晴らしい技術なんだと実感します。26日までです。予約が必要。
『川瀬巴水 旅と郷愁の風景』展_b0122645_22492380.jpg
 外に出ると高層ビルの威容が。作品世界と隔世の感あり。
『川瀬巴水 旅と郷愁の風景』展_b0122645_22495990.jpg
 購入したグッズ。マグネット、ひと筆箋、ポストカードセット、栞セット、画集。
 画集は、図録よりも充実していたので。
『川瀬巴水 旅と郷愁の風景』展_b0122645_22542416.jpg
 おまけにSONPO美術館所蔵のゴッホ作『ひまわり』。これは撮影可でした。
『川瀬巴水 旅と郷愁の風景』展_b0122645_22570010.jpg
 
 久しぶりの新宿西口前の通り。
『川瀬巴水 旅と郷愁の風景』展_b0122645_22580075.jpg

by ashikawa_junichi | 2021-12-14 23:08 | 音楽・アート | Comments(0)
<< 『八雲立つ-思い出の記-』を観... 『北大塚ラーメン』 >>