『夢見たものは』を観劇! 韓国料理を堪能♪

 12月4日日曜日の夕方、東新宿のスタジオファンファーレへ。猪鹿蝶企画の公演『Omnibus thearre 夢見たものは』(構成・演出/雲井燦)を観劇しました。
 過去の戦争、そしていま起きている戦争、これから起こるかもしれない戦争……いろいろと考えさせられる舞台でした。役者たちの熱演はもちろん、ういりおさんのライブペイントは魅力的で、物語と連動して鮮やかなアクセントになっていました。ますこさんの歌と佐久間元樹さんのギターも秀逸でした。
 もう少しケレン味がほしかったかな、というのはわたしの好みの問題で無い物ねだりかも。
 終演後の記念撮影はOKでした。
『夢見たものは』を観劇! 韓国料理を堪能♪_b0122645_23480412.jpg
 スタジオを出たあとは、同行したダー松さんと大久保通りで美味しそうで入れそうな店を探してウロウロ。
 なにせ凄い人出で、以前入ってとてもよかった「くるむ」という店は長い行列ができています。
 そして、路地に入ったビルの2階か3階にあった店『ヨプの王豚塩焼』という店へ。熟成肉が売りで、チャミスルのキャラクター蛙が店の中や外に鎮座していました。ここは予約でいっぱのようでしたが、われわれはなんとか滑り込めてラッキー♪ ぼくらより後の客は入れませんでした。
『夢見たものは』を観劇! 韓国料理を堪能♪_b0122645_23553124.jpg
『夢見たものは』を観劇! 韓国料理を堪能♪_b0122645_23555175.jpg
 われわれはサムギョプサルのセットと、シーザーサラダ、キムチセットを頼みましたが、ちょっと多かった。全部食べましたけど。
『夢見たものは』を観劇! 韓国料理を堪能♪_b0122645_23564344.jpg
『夢見たものは』を観劇! 韓国料理を堪能♪_b0122645_23565820.jpg
 このあと、大塚の『フレッシュネスバーガー』で珈琲にホットドッグを食べてお開きにしました。よく食べましたが、炭水化物はホットドッグだけだったので、翌日に体重を計ったら、あまり増量してませんでしたよ。
 


by ashikawa_junichi | 2022-12-06 00:01 | 映画・演劇 | Comments(0)
<< サッカー残念&『千代田区一番一... 榎本秋さんの新刊『超約版 家康... >>