大竹伸朗展→共栄堂でカレー

 いやあ、W杯決勝、アルゼンチンとフランスの試合は面白かったですねえ。……もう4日前? いまさらですね。
 22日木曜日は、東京国立近代美術館へ。『大竹伸朗展』をやってます。半世紀に及ぶ活動を500点もの作品群で追いかけることができました。
 まずは近代美術館の庇にとりつけられた宇和島駅のプレート。「移動」というコンセプトのようです。
大竹伸朗展→共栄堂でカレー_b0122645_01361670.jpg
 そして、入口にいるのは段ボールで創ったボブ・ディラン(?) 学生時代の作品だそうで、ボロボロ。欠けている部分も。
大竹伸朗展→共栄堂でカレー_b0122645_01372098.jpg
 半世紀に及ぶ試行錯誤というのか、楽しげな彷徨なのか……作品の幅広さには驚くばかり。油絵から雑多だけれど楽しいインスタレーション、膨大な量のコラージュノートなどなど……。
大竹伸朗展→共栄堂でカレー_b0122645_01431546.jpg
大竹伸朗展→共栄堂でカレー_b0122645_01433509.jpg
大竹伸朗展→共栄堂でカレー_b0122645_01442526.jpg
大竹伸朗展→共栄堂でカレー_b0122645_01434782.jpg
大竹伸朗展→共栄堂でカレー_b0122645_01453641.jpg
 ↓はドイツの芸術祭「ドクメンタ」に出品した作品たち。日本から持っていったものと現地で見つけた素材を組み合わせたそうです。
大竹伸朗展→共栄堂でカレー_b0122645_02031225.jpg
 音の鳴るバンド編成のインスタレーション。タブ平&ニューシャネル。ノイズミュージック!
大竹伸朗展→共栄堂でカレー_b0122645_02034344.jpg
 楽器を操作するブース。
大竹伸朗展→共栄堂でカレー_b0122645_02050285.jpg
 2時間楽しく見てまわり、実に充実した時間を送れました。グッズは2つ購入。
大竹伸朗展→共栄堂でカレー_b0122645_02062515.jpg
「ニューシャネル」のロゴの入ったキャンディ缶は、有名な「ニューシャネル」のドアロゴから。このロゴが、大竹伸朗の特徴あるレタリングのもとになっているそうです。本当にあった「ニューシャネル」というスナックかなんかのドアをもらい受けて、新しいのを進呈したとか。これも「移動」というコンセプチュアルアートです。
大竹伸朗展→共栄堂でカレー_b0122645_02134454.jpg
 頭と眼はお腹いっぱい(という比喩ですよ~)ですが、本当のお腹は空いたので、神保町へ移動。今年はじめての「共栄堂」! 前はいつもはポークカレーだけど、チキンカレーにしました。ビールの小瓶もつけて。
 なぜ、前はいつもポークかというと、一番安いということもありますが、具が少ないのでソースが多くなるからです。ソース大盛りにするのが常ですが、それでもご飯の量が多いので、ほかの具材だとソースが足らなかったのです。
 しかし、最近(とはいっても何年も前からですが)ポークも具が増えてしまって、ほかのメニューと大差ないソース量になってしまってます。だから、ポークにこだわる必要はなくなってしまったのです。
大竹伸朗展→共栄堂でカレー_b0122645_02213983.jpg
 お腹が苦しいほどになったので、しばし神保町を散策。コロナ禍のせいか、ずいぶんと店が変わってました。路地の写真を一枚。
大竹伸朗展→共栄堂でカレー_b0122645_02362240.jpg


by ashikawa_junichi | 2022-12-23 01:48 | 音楽・アート | Comments(0)
<< 宝生能楽堂で『邯鄲』を堪能しました♪ 池袋西口で今年最後のクラス会 >>