宝生能楽堂で『邯鄲』を堪能しました♪

 24日土曜日の昼間、水道橋の宝生能楽堂へいってきました。能役者の精鋭が揃った七葉會の第三回公演です。
 まずは7人のうち6人ひとりずつの仕舞と舞囃子。「箙区」「小督」「山姥」「難波」「野宮」「阿漕」です。さわりだけなので、あっという間でしたが、所作が華麗でした。
 そして能の演目は7人目の東川さんがシテをつとめる『邯鄲』です。あの邯鄲の夢です。粟の飯を炊くあいだの一炊の夢。場面転換が鮮やかで楽しい演目でした♪
宝生能楽堂で『邯鄲』を堪能しました♪_b0122645_00325946.jpg
 能楽堂のロビーには、独自のクリスマスツリーが!
宝生能楽堂で『邯鄲』を堪能しました♪_b0122645_00521898.jpg
 

by ashikawa_junichi | 2022-12-26 00:34 | 映画・演劇 | Comments(0)
<< 難波弘之 鍵盤生活45周年ライブ! 大竹伸朗展→共栄堂でカレー >>