三月大歌舞伎第三部『髑髏尼』『廓文章』を観てきました

 12日日曜日、歌舞伎座へ。三月大歌舞伎の第三部を観ました。『髑髏尼(どくろに)』と『廓文章吉田屋』です。
『髑髏尼』は、彼岸と此岸が寺のお堂のなかで交錯した場面が静的で恐ろしくも美しかったです。対して、醜い顔に生まれた鐘楼守の髑髏尼に対する欲望がなまなましく動的で、それだけにドラマチックでした。髑髏尼の玉三郎、鐘楼守の中村福之助が熱演。
三月大歌舞伎第三部『髑髏尼』『廓文章』を観てきました_b0122645_00401199.jpg
『廓文章 吉田屋』は、愛之助が素晴らしかったです。なよなよした若旦那の演技が秀逸でした。その声音、身振り手振りになんども笑ってしまいました。楽しかったです♪
三月大歌舞伎第三部『髑髏尼』『廓文章』を観てきました_b0122645_00444695.jpg
三月大歌舞伎第三部『髑髏尼』『廓文章』を観てきました_b0122645_00452390.jpg
三月大歌舞伎第三部『髑髏尼』『廓文章』を観てきました_b0122645_00460080.jpg

by ashikawa_junichi | 2023-03-14 00:48 | 映画・演劇 | Comments(0)
<< 雑貨販売と展示の百日紅夜市 『笑点』に関心がなかったのに >>