そういえば新耳袋に

 昨日「小さいおじさん」の話を書きましたが、新耳袋に書いてあった話を突然思い出しました。 
 ある夜、アパートの窓を開け放していたら、窓から小太りのおじさんが入ってきて、部屋を横切って行ったのですが……。
 おじさんは、とても自然な振る舞いで、ぽかんとしてたところ、そういえば、この部屋は4階(5階だったかも)だということに気がつき、窓から外を見たら、足場になるようなところもなく、ここで初めてゾッとした……というような話でした。
by ashikawa_junichi | 2008-09-10 14:22 | 奇怪な話 | Comments(0)
<< 痒いかゆい! 危ない人たち。無灯火自転車など。 >>