カテゴリ:いただきもの( 314 )

千野隆司さんの新刊『おれは一万石-麦の滴』!

 千野隆司さんより新刊『おれは一万石-麦の滴』(双葉文庫・640円税込)をいただきました!
 浜松藩井上家本家が菩提寺の改築のため、分家にそれぞれ二百両の供出を言い渡した。困惑する分家・高岡藩の井上正紀と、下妻藩の井上正広だが、この危機を乗り切ることが出来るか!?
 絶好調の第4弾です! ぜひ、新刊書店などでお買い求めください!
 さらに、好評につき2か月連続刊行! 来月には第5弾『業の寺(仮題)』が発売予定です!
b0122645_01041051.jpg


by ashikawa_junichi | 2018-04-16 01:06 | いただきもの | Comments(0)

細谷正充さん編集の新刊『なさけ <人情>時代小説傑作選』!

 細谷正充さんより『なさけ <人情>時代小説傑作選』(PHP文芸文庫・756円税込)をご恵投いただきました!
 いまをときめく女性時代作家の単行本未収録作品や書き下ろし作品を集めた極上のアンソロジーです♪
 細やかな筆致で描かれた江戸市井の人情を堪能できることでしょう♪
 ぜひ、新刊書店などでお買い求めください!
b0122645_22461401.jpg

by ashikawa_junichi | 2018-03-16 22:54 | いただきもの | Comments(0)

福原俊彦さんの新刊『隠密旗本』!

 福原俊彦さんより新刊『隠密旗本』(光文社時代小説文庫・778円税込)をいただきました!
 時は元禄。犬公方と呼ばれた徳川綱吉の治世。柳生新陰流の使い手である旗本の三男坊・高鳥三郎太は、影廻衆に任じられた。三郎太は、不仲の犬小屋奉行の行平斗真とともに、江戸を騒がす悪を成敗する!
 注目の時代作家・福原さんの新シリーズです! 赤穂浪士も登場しますよ♪
 ぜひ、新刊書店などでお買い求めください!
b0122645_22553364.jpg
 
 


by ashikawa_junichi | 2018-02-23 23:09 | いただきもの | Comments(0)

千野隆司さんの新刊『おれは一万石-紫の夢』!

 千野隆司さんより新刊『おれは一万石-紫の夢』(双葉文庫・660円税込)をいただきました!
 高岡藩に寝耳に水の借用証文がつきつけられる。それも期限付きの藩財政を揺るがすほどの大金だった!
 井上正紀と妻・京は、この難局をなんとか乗り切ろうと、奮闘努力するのだが……!?
 大好評シリーズの第3弾です。ぜひ、新刊書店などでお買い求めください!
b0122645_00565747.jpg


by ashikawa_junichi | 2018-02-19 00:58 | いただきもの | Comments(0)

細谷正充さんの新刊『少女マンガ 歴史・時代ロマン 決定版全100作ガイド』!

 細谷正充さんより新刊『少女マンガ 歴史・時代ロマン 決定版全100作ガイド』(河出書房新社・1728円税込)をいただきました!
 細谷さんの小説評論や、時代小説のアンソロジーなどは、つとに好評、大人気ですが、少女マンガ、それも歴史・時代ものにかぎったガイド本を執筆されていたとは寡聞ながら知りませんでした。
 しかし、氏は古本屋などで小説や青年マンガだけでなく、少女マンガ本も買いあさっていたことは知っていたので、決して意外なことではありません。小学校時代から読み続けているという氏の少女マンガに対する情熱がこの本に結実したといってよいでしょう。
 ぜひ、新刊書店などでお買い求めください!
b0122645_23413713.jpg


by ashikawa_junichi | 2017-12-30 23:44 | いただきもの | Comments(0)

千野隆司さんの新刊『出世侍-雨垂れ石を穿つ(五)』『入り婿侍商い帖-大目付御用(二)』!

 千野隆司さんより新刊2冊をいただきました!
 まず『出世侍-雨垂れ石を穿つ(五)』(幻冬舎時代小説文庫・650円税込)です。
 香坂藤吉は、新御番衆として徳川家斉の増上寺参拝に同行した。その帰路、将軍の駕籠を襲う狂馬が現れ、藤吉はその場を収める活躍を見せる。
 狂馬に将軍の駕籠を襲わせたのは、いったい何者なのか!? 百姓から武士へと出世した香坂藤吉の真価が問われるシリーズ最終巻!
b0122645_23120487.jpg
 そして『入り婿侍商い帖-大目付御用(二)』(角川文庫・691円税込)です。
 米問屋大黒屋の主人・角次郎は、大目付の中川より、武蔵岡部藩御用達の米問屋和泉屋の事件の吟味を命じられる。
 和泉屋の主人と息子の死体が見つかったのだが、お互いに刺し合ったことになっている。だが、この事件の裏には、岡部藩の年貢枚を狙う政商・千種屋の暗躍がありそうだ。角次郎とその息子で武士の善太郎は、千種屋の目論見を阻止できるのか!? そして、大黒屋にも刺客が迫ってくる!
b0122645_23121773.jpg
 ますます快調の千野さんの新刊2冊、ぜひ新刊書店などでお買い求めください!

by ashikawa_junichi | 2017-12-16 23:14 | いただきもの | Comments(0)

細谷正充さん編集の新刊『あやかし<妖怪>時代小説傑作選』!

 細谷正充さんより細谷さん編集の新刊『あやかし<妖怪>時代小説傑作選』(PHP文芸文庫・886円税込)をいただきました!
 実力と人気を兼ね備えた当代一流の女性時代作家たちが書いた江戸の怪異譚の傑作選です。
 作家陣は、畠中恵、木内昇、霜島ケイ、小松エメル、折口真喜子、宮部みゆき! こわいだけでなく、哀しみや切なさも加味された作品群を楽しめます♪
 これ以上、なにも書く必要はありませんね。
 ぜひ、新刊書店などでお買い求めください!
b0122645_00175019.jpg
 

by ashikawa_junichi | 2017-11-15 00:20 | いただきもの | Comments(0)

千野隆司さんの新刊『おれは一万石-塩の道』(双葉文庫・660円税込)!

 千野隆司さんより『おれは一万石 塩の道』(双葉文庫・660円税込)をいただきました!
 前作『おれは一万石』につづいて2カ月連続刊行ですが、『おれは一万石』はすでに3刷です。しかも3刷目は大増刷だとか! 凄いです。勢いが半端ではないです。
 千野さんは『入り婿侍商い帖』(角川文庫)も絶好調で、家族やかかわる人たとの人情もさることながら、財政に関する波瀾万丈の物語がいまゾーンに入っているといってよいでしょうか。新たな得意分野を切り開いています。
 今作で、主人公・竹腰正紀は、藩の財政を上向かせた活躍を快く思わない藩内外の者たちから執拗な妨害を受けることになります。そして、新たなる障害が!
 ぜひ、新刊書店などでお買い求めください!
b0122645_23284193.jpg


by ashikawa_junichi | 2017-10-17 23:32 | いただきもの | Comments(0)

細谷正充さん編集の新刊『情に泣く-朝日文庫時代小説アンソロジー人情・市井編』!

 細谷正充さんより、細谷さん編集の『情に泣く-朝日文庫時代小説アンソロジー人情・市井編』(朝日新聞出版・778円税込)をいただきました!
 収録された作品の作家は、宇江佐真理、北原亞以子、杉本苑子、半村良、平岩弓枝、山本一力、山本周五郎という名手ぞろい。
 小説読み巧者の細谷さんが選んだ泣ける人情小説のアンソロジーです。心を深いところで揺さぶられることでしょう。
 うっかり電車の中で読むと……。そこが玉にきずかもしれません(^-^;
 ぜひ新刊書店などでお買い求めください♪
b0122645_18371257.jpg


by ashikawa_junichi | 2017-10-14 18:38 | いただきもの | Comments(0)

榎本秋さんの新刊『世界を見た幕臣たち-幕末遣外使節団の軌跡』!

 榎本秋さんより新刊『世界を見た幕臣たち-幕末遣外使節団の軌跡』(洋泉社歴史新書・1026円税込)をいただきました!
 表紙は有名なスフィンクスの前で撮影された遣外使節団の集合写真です。どうにも妙な取り合わせに思えますが、幕末に侍たちがエジプトにいったというたしかな証拠です。
 エジプトだけでなく、アメリカやヨーロッパへも渡った幕臣たちの働きは、明治維新の原動力にもなったそうです。
 榎本さんにとって初の幕末をテーマにした新書です。その切り口は如何に!? これまでの榎本さんの著作をみれば、鮮やかなこと間違いないでしょう。
 ぜひ、新刊書店などでお買い求めください♪
b0122645_23353468.jpg

by ashikawa_junichi | 2017-09-25 23:39 | いただきもの | Comments(0)