カテゴリ:いただきもの( 322 )

早見俊さんの新刊文庫『うつけ世に立つ-岐阜信長譜』!

 早見俊さんより文庫化された『うつけ世に立つ-岐阜信長譜』(徳間文庫・940円税込)をいただきました♪
 2016年に単行本で出版され、第23回の中山義秀文学賞の候補になった傑作です。
 早見さんは岐阜の出身。ゆえに、信長にはほかの武将とは比べものにならないほどの愛着があるようです。時代小説を100冊以上(150冊以上かな)書いたあとに、満を持して信長を書いたのです。渾身の力作です!
 ぜひ、新刊書店などでお買い求めください!
b0122645_23322110.jpg

by ashikawa_junichi | 2018-08-13 23:33 | いただきもの | Comments(0)

千野隆司さんの新刊『おれは一万石-一揆の声』!

 千野隆司さんより新刊『おれは一万石-一揆の声』(双葉文庫・680円税込)をいただきました!
 菩提寺改築は順調に進んでいたが、他藩で起こった一揆や打ち壊しの話が、いくつも伝わってくるようになった。
 高岡藩でも、代官と百姓たちの行き違いから、ついに一揆が勃発する。一揆は、百姓たちの切羽詰まった末の行動だ。なんとかして、正紀はこの難局を乗り切るために奔走するのだが!?
 大人気シリーズの第6弾です!
 ぜひ、新刊書店などでお買い求めください♪
b0122645_23510689.jpg

by ashikawa_junichi | 2018-08-12 23:52 | いただきもの | Comments(0)

早見俊さんの新刊『双面の旗本-居眠り同心影御用27』!

 早見俊さんより新刊『双面の旗本-居眠り同心影御用27』(二見時代小説文庫・700円税込)をいただきました♪
 元筆頭同心で、いまは"居眠り番”の蔵間源之助は、徒目付から五千石の旗本を探るという影御用を依頼される。
 いっぽう、巷では夜鷹八人を連続して斬り殺す"目潰し魔”が現れる! 目潰し魔と影御用につながりが!?
 早見さん渾身の大人気長寿シリーズ27弾です♪
 ぜひ、新刊書店などでお買い求めください!
b0122645_01215275.jpg


by ashikawa_junichi | 2018-07-31 01:31 | いただきもの | Comments(0)

『けんいちから和美へ-青空書房店主の妻恋記』!

 誕生日プレゼントに、あざみエージェントの冨上朝世さんから、さかもとけんいち著『けんいちから和美へ-青空書房店主の妻恋記』(あざみエージェント・1778円税込)をいただきました♪
 90歳すぎまで古書店・青空書房を営業されていた、さかもとけんいちさんの遺作です。亡くなった妻の和美さんへ綴りつづけた絵手紙や家庭内通信、エッセイやポスターなどが収められています。
 妻への切々とした愛情が伝わってきて、泣けてきます。そして、ここまで伴侶を愛せるさかもとさんがうらやましいです……。
「そんなこといってないで、愛せばいいんです。夫婦というものは戦士同志なのですから」
 と、さかもとさんにいわれそう。
 ぜひ、あざみエージェントのオンラインショップかアマゾンでお買い求めください!
 この本ですが、字や絵を眺めているだけで楽しくなってきますよ♪ 以前ここで紹介した前作『ほんじつ休ませて戴きます』(主婦の友社)もそうでした。
b0122645_23190448.jpg


by ashikawa_junichi | 2018-07-19 23:21 | いただきもの | Comments(0)

シリーズ賞受賞! 千野隆司さんの新刊『長谷川平蔵人足寄場3 死守』!

 千野隆司さんは、今年の歴史時代作家クラブのシリーズ賞を『おれは一万石』シリーズと『長谷川平蔵人足寄場』シリーズで受賞されました!
 おめでとうございます♪ヾ(@⌒▽⌒@)ノ♪
 最近の千野さんのご活躍はすさまじく、当然の受賞だと思います♪ というか、もっと前に受賞されてもよかったです。

 その受賞シリーズの最新刊『長谷川平蔵人足寄場3 死守』(小学館文庫・648円税込)をいただきました!
 年季を終えて人足寄場を出た者たちが、店を襲う狼藉者たちの頭になっていた。これを受けて、人足寄場の廃止を唱える者が幕閣にあった。平之助(のちの平蔵)は、町年寄三名の元を訪れて、寄場の異議を説いた結果、廃止をまぬかれることとなった。
 しかし、狼藉者たちの騒ぎは収まらない。調べを進めると、背後に某藩と結んだ商人の思惑があった! どうする平之助!?
 ぜひ、新刊書店などでお買い求めください!
 
b0122645_23154268.jpg

by ashikawa_junichi | 2018-07-10 23:19 | いただきもの | Comments(0)

千野隆司さんの新刊『大店の暖簾-下り酒一番』!

 千野隆司さんより新刊『大店の暖簾-下り酒一番』(講談社時代小説文庫・691円税込)をいただきました!
 霊岸島の高級酒下り酒を扱う大店・武蔵屋は、大旦那と大番頭がたてつづけに亡くなってしまった。だが、店を継ぐ長男・市太郎も次男・次郎兵衛も、一番番頭さえも、まるで頼りにならない。
 三男・卯吉はしっかり者だが、妾腹の子のため、やっと手代になったばかり。 
 卯吉の味方は、先代の弟と棒術の達人である祈祷師くらいだ。果たして、卯吉は武蔵屋を救うことができるのか!?
 絶好調の千野さんの新シリーズです!
 ぜひ、新刊書店などでお買い求めの上、お読みください♪
b0122645_00154458.jpg


by ashikawa_junichi | 2018-06-15 00:17 | いただきもの | Comments(0)

飯島一次さんの新刊『小言又兵衛天下無敵-血戦護持院ヶ原』!

 飯島一次さんより新刊『小言幸兵衛天下無敵-血戦護持院ヶ原』(二見時代小説文庫・700円税込)をいただきました!
 将軍吉宗公に「小言又兵衛」と呼ばれたほどのうるさがた・石倉又兵衛は、武士道が薄弱になった世に不満を募らせていたが、仇討ち旅をしている健気な姉弟に遭遇し、いたく感銘する。そして、頭脳明晰な蘭医・良庵を指南役にして、二人の助太刀に乗り出すのだが!?
 奇想天外な仇討ち小説の誕生です!
 ぜひ、新刊書店などでお買い求めください!
b0122645_20454929.jpg

by ashikawa_junichi | 2018-05-29 20:46 | いただきもの | Comments(0)

千野隆司さんの新刊『おれは一万石-無節の欅』!

 千野隆司さんより新刊『おれは一万石-無節の欅』(双葉文庫・650円税込)をいただきました!
 菩提寺改築を機に、正紀と正広の失脚を図る建部と正棠は、つぎつぎに罠をしかけてくる。
 ついに予想もしない策謀にはまってしまった2人は、危機を乗り越え、無事に改築をなし遂げられるのか!?
 2カ月連続刊行の絶好調シリーズ第5弾です!
 千野さんは、ほかの作品も絶好調。目が離せません!
b0122645_22543120.jpg


by ashikawa_junichi | 2018-05-14 22:59 | いただきもの | Comments(0)

千野隆司さんの新刊『おれは一万石-麦の滴』!

 千野隆司さんより新刊『おれは一万石-麦の滴』(双葉文庫・640円税込)をいただきました!
 浜松藩井上家本家が菩提寺の改築のため、分家にそれぞれ二百両の供出を言い渡した。困惑する分家・高岡藩の井上正紀と、下妻藩の井上正広だが、この危機を乗り切ることが出来るか!?
 絶好調の第4弾です! ぜひ、新刊書店などでお買い求めください!
 さらに、好評につき2か月連続刊行! 来月には第5弾『業の寺(仮題)』が発売予定です!
b0122645_01041051.jpg


by ashikawa_junichi | 2018-04-16 01:06 | いただきもの | Comments(0)

細谷正充さん編集の新刊『なさけ <人情>時代小説傑作選』!

 細谷正充さんより『なさけ <人情>時代小説傑作選』(PHP文芸文庫・756円税込)をご恵投いただきました!
 いまをときめく女性時代作家の単行本未収録作品や書き下ろし作品を集めた極上のアンソロジーです♪
 細やかな筆致で描かれた江戸市井の人情を堪能できることでしょう♪
 ぜひ、新刊書店などでお買い求めください!
b0122645_22461401.jpg

by ashikawa_junichi | 2018-03-16 22:54 | いただきもの | Comments(0)