カテゴリ:音楽・アート( 246 )

アウトサイド・ジャパン展!

 18日木曜日は、東京ドームシティにある「Gallery AaMo」へ。『櫛野展正のアウトサイド・ジャパン展』が開催中です。
 障害のあるなしにかかわらず、正式な美術の教育を受けていないけれど、表現せずにはいられない人たちの芸術が集められています。集めたのは、日本で唯一のアウトサイダー・キュレーター櫛野展正さんです。
 会場に入った途端、過剰なエネルギーに圧倒されます。過剰という言葉がぴったりな感じ。
 凄まじいほどのエナジーが横溢した草間彌生のアート作品を思い出しました。
「家族」「廃材」「異形」「老人芸術」など、さまざまなジャンルに分けて展示されていますが、「エロ」のところに、マキエマキさんと塙興子さんの作品が。塙さんのコーナーには、ご自身の作品だけでなく、ご尊父が密かに描き続けていた絵も展示されています。
 会場は撮影OK。たくさん撮ってきましたが、なにをここにアップしてよいやらわからないので、まずはマキエさんと塙さんのコーナーを。
b0122645_23535880.jpg
b0122645_23540722.jpg
 ほかの作家たちの過剰なエネルギーのある作品をいくつか。
 これは、雑巾がいっぱい描いてありますが、なかに可愛がっていた鳥の死骸も。左にあるのは原発事故に触発されたかぶりもの。
b0122645_23544333.jpg
 円を描いているうちに、それが形のある絵に。描いていると不安などがなくなるそうです。目を描きつづけている草間さんと通じていますね。
b0122645_23545447.jpg
 祈りのこめられた面のかずかず。
b0122645_23550553.jpg
 虫で作られた甲冑。
b0122645_00090573.jpg
b0122645_00102757.jpg
 民芸品のような、そうでないような……。
b0122645_00105150.jpg
 インスタレーションだけでなく、パフォーマンスする作家も。
b0122645_00122953.jpg
 毎日の食事を描きつづけ、食品のレシートやシートを膨大に張り付けていると、個人のかけがいのない時間が凝縮しているような……。
b0122645_01091271.jpg
 妙に惹かれたストレンジナイトさんのコーナー。ストレンジナイトさんは故人だそうです。
b0122645_00032349.jpg
b0122645_00043620.jpg
 まだまだあるけれど、これくらいにします。5月19日までやっているので、興味のあるかたはぜひ!
 ちなみに、イーストプレスで、アウトサイド・アートの本が出ているようです。

 ところで、このギャラリーですが、でっかい看板は出ていますが、入口がどこなのか迷ってしまい、方向音痴のわたしは、まるで関係ないところへいってしまい、15分くらいロスしてしまいました。そのせいで、最後の「ヘアーサロン」あたりは駆け足の鑑賞になってしまいました(^^;


by ashikawa_junichi | 2019-04-19 00:18 | 音楽・アート | Comments(0)

春の縄展

 4月12日金曜日、夕方に板橋のカフェ百日紅へ。『春の縄展~「レミコの部屋」の愉快な仲間達』開催中。
 綺麗でエロチックな写真がたくさん展示されています。午後3時から11時まで。入場無料ですが、喫茶店なのでワンドリンクオーダーが必要。今月22日まで。火曜水曜は定休日です。
 レジ前には、店主の目玉堂さんが好きなカエルの置物のほかに、笠森の招き猫たちがいます。
b0122645_00201402.jpg
 店内の展示風景。
b0122645_00204499.jpg
b0122645_00271199.jpg
 1時間ほど滞在して、ダー松さん、編集者あどろすさんと居酒屋『北海』へ。ビール、デュワーズのソーダ割り、チュウハイなど飲みながら、刺身などいろいろ食べて満足♪

by ashikawa_junichi | 2019-04-13 00:28 | 音楽・アート | Comments(0)

奇想の系譜展!

 5日金曜日、上野の東京都美術館で開かれている『奇想の系譜展』にいってきました。うっかりいきそびれていたところ、7日までと知り、焦って駆けつけた次第。伊藤若沖、曽我蕭白、長沢芦雪、岩佐又兵衛、狩野山雪、白隠慧鶴、鈴木其一、歌川国芳といった奇想の画家たちの絵を堪能しました♪
 前期と後期でずいぶんと展示が変わっているようで、前期にいかなかったのは残念です。
 みんな素晴らしいですが、ぼくは特に曽我蕭白初期のなんとも異様な屏風絵や、芦雪の和やかさ、白隠慧鶴の雄渾な達磨などに惹かれました。
 会場の最後のスペースにひっそりと飾ってあった横尾忠則の、奇想の画家たちへのオマージュ画も実に楽しく、いくら眺めていても飽きませんでした♪ スヌーピーも描いてあったような……。
b0122645_00071619.jpg
 2時間近くの鑑賞のあと、夕まぐれの上野公園へ。桜を見ながら歩きました。
b0122645_00134979.jpg
b0122645_00140167.jpg
 

by ashikawa_junichi | 2019-04-06 00:15 | 音楽・アート | Comments(0)

ヒロイン展終了♪ 感謝!

 カフェ百日紅での『わが心のヒロイン、降臨』展は、25日に終了しました。
 来てくださったかたがたに感謝m(._.)m
 わたしのつたない絵を面白がってくださった方々、画集を作ったら買うといってくださった奇特な方々、まことにありがとうございました♪
b0122645_23251553.jpg
 最終日には、明るいうちに聖さんが、暗くなってからは、出版社時代の後輩2人と映画評論家の北川れい子さんがいらしてくださいました♪
 今回は、会期中8回、在廊しました。そのうち1回は深夜のみでしたが。

by ashikawa_junichi | 2019-03-26 23:28 | 音楽・アート | Comments(0)

お彼岸の墓参りからカフェ百日紅

 21日木曜日。車で池上に墓参り。気温が20度くらいになったとかで、ずいぶんと暖かい……というか、車のなかは冷房を入れるほど暑くなりました。
 墓のうしろの大きな木の葉は、以前はこちらに覆い被さってくるようでしたが、伐採されていて、ずいぶんとスッキリしていました。高い場所を伐採するのも大変だったでしょうねえ……。
b0122645_00152099.jpg
 家に戻ってから、また車で板橋のカフェ百日紅へ。
 子供時代に、ぼくの少女小説を読んでいてくださり、ご母堂はぼくの時代小説の読者だという、よその子さんに挨拶するために。そして、先日購入した『有罪と無罪』に、あわよくば作者のろまんさんのサインをいただくために。
 ろまんさんは在廊していて、すぐにサインをゲットできました。よその子さんは、混雑していたので一旦外で焼きとりを食べていたそうですが(ツイッター情報)戻ってきてくださって、挨拶できました。

 つぎに百日紅にいくのは、友人たちがきてくれるので、25日月曜の夜です。ひょっとすると、土曜日にも、クラス会のあとに寄るかもしれません。

by ashikawa_junichi | 2019-03-22 00:38 | 音楽・アート | Comments(0)

『わが心のヒロイン、降臨』展、3日目!

 9日土曜日の午後3時すぎから7時ごろまでカフェ百日紅にいました。
 開催中の『わが心のヒロイン、降臨』展を観に、S 伝社のYさんが来てくださって感激です。差し入れのお菓子、ありがとうございます♪
 出展作家さんは、ろまんさん、とおあまりみつさんがいらっしゃいました。
 写真家のいはらほつみさんには、実に興味深い話をしていただけました。
b0122645_00595049.jpg
 

by ashikawa_junichi | 2019-03-10 01:05 | 音楽・アート | Comments(0)

ついに開幕『わが心のヒロイン、降臨』展!

 3月7日木曜日、カフェ百日紅で『わが心のヒロイン、降臨』展が始まりました!
 オープニング日なので夕方に訪れ、しばらくいたあと、いつもの『北海』でダー松さんと乾杯!
 素晴らしい作品ばかりなので、ぜひお越しください!
 25日まで。15時~23時。火曜日水曜日は定休です。
                      
b0122645_00595863.jpg
b0122645_01004591.jpg

作品の写真にはボカシをかけています。
b0122645_01182503.jpg
b0122645_01184141.jpg

by ashikawa_junichi | 2019-03-08 01:04 | 音楽・アート | Comments(0)

カフェ百日紅へ作品搬入&大人さまランチ!

 車でカフェ百日紅(ひゃくじつこう)へ。
 明日から始まる『わが心のヒロイン、降臨!』展に参加するためです。今回の展示の企画は、アーティストのむしかわむしさんです。
 参加作家が、おのおのヒロイン像を表現しています。
 ほかの作家さんたちの作品を見ていると、そのクオリティの高さ、素晴らしい魅力に、自分の作品のレベルの低さが恥ずかしくなってきました。
 ですが、それぞれまったく作風が違うので、ぼくのも独自だぜと開き直るほかはありません(^^;
 ふと気づいたのですが、ぼくとダーティ・松本さん以外は、みんな女性ですね。だからなんだというわけではないんですが……(^o^)
 7日木曜日から25日月曜までやってます。午後3時から11時までで、火曜水曜は定休日です。お越しくださる場合は、百日紅は喫茶店なので、最低ドリンクを一杯オーダーしてください。
 ぼくは、7日、午後4時すぎから6時すぎまでいる予定です。
b0122645_21412652.jpg
 ダーティ・松本さんと、早めの食事をしようと、車で大塚駅南口へ移動。キッチンABCで『大人さまランチ』というのを食べました。黒カレーにチリソースのかかったライス、カニクリームコロッケ、ハンバーグ、チキンソテー。味噌汁もついてました。なかなかのボリュームで、おなかがきつくなりましたよ。お子さまランチ同様、旗が立ってます。ぼくのはフランス。ダーティさんのはパナマでした。
b0122645_21435796.jpg

by ashikawa_junichi | 2019-03-06 21:52 | 音楽・アート | Comments(0)

神保町へ! 岸田尚作品展♪

 22日金曜日、夕刻になって、岸田尚作品展『ウサギのお顔とお花のお顔と天使』を鑑賞しに、神保町画廊へ。
 コラージュ作品以外は新作がズラリ。見応え充分です♪ 24日(日曜日)までです。13時~19時。
b0122645_21375507.jpg
b0122645_21380430.jpg
b0122645_21382715.jpg
 岸田尚さんご本人はご不在でしたが、あとで来られるとのことなので、いったん外へ。
 神保町へくるときの楽しみである『共栄堂』のカレーを食べにいきました。いつもポークのソース大盛りですが、今回は少し贅沢してチキンのソース大盛りを注文。
 いやはや、いつものように実に旨い!
b0122645_21460257.jpg
 共栄堂を出たあとは喫茶『ラドリオ』」で珈琲を。
 そして、さる漫画家さんの誕生祝いの本を探して古本屋を巡り歩きました。
b0122645_22001146.jpg
 いったん古本屋巡りを中断して、もう一度神保町画廊へ。岸田尚さんに会えました。ずいぶん久しぶりです。お互い変わりなく、元気なのでよかったです♪
b0122645_21531673.jpg
 さらに古本屋を巡りましたが、プレゼントに適した本は見つかりませんでした。
 檜画廊では『丸木位里 丸木俊』展をやっていたので、鑑賞してきました。原爆の絵で有名なお二人ですが、この展示会では海外の風景や習俗などの絵が展示されていて心なごみます。23日(土曜日)まで。
b0122645_22022609.jpg

by ashikawa_junichi | 2019-02-22 22:10 | 音楽・アート | Comments(0)

山本タカト画伯・綺堂文庫の表紙絵など

 去年の10月に完結した中公文庫の「岡本綺堂読物集全七巻」ですが、最終巻「怪獣」を読み終わりました。光文社文庫ですでに読んでいる短編ばかりですが、けっこう忘れているので、楽しめました。光文社文庫を再読すればよいのでしょうが、中央文庫版は表紙絵が山本タカト画伯なのです。どうしても手にいれたくなる表紙なんですよ。というわけで重複を承知で買い揃えました。
 官能小説では睦月影郎氏の文庫表紙が素晴らしいです。さらには西条八十も。ずらっと並べて写真を撮りました。
 いま気づいたのですが、帯をとるのを忘れました!(汗)
b0122645_00135683.jpg


by ashikawa_junichi | 2019-02-08 00:41 | 音楽・アート | Comments(0)