<   2009年 07月 ( 35 )   > この月の画像一覧

これは間違えるでしょ?

 昨日書いた焼き肉店『朝の5時まで』は『縁』という店の系列店だそうですよ。
 でもねえ、この看板みたいなの(なんというのでしょう、こういうの)が、一日中置いてあるんですよ。
 ずっとランチメニューが食べられるみたいですよねえ……。
b0122645_1449994.jpg

 夜の写真も。左に置いてあるのが、↑の写真と同じ看板です。(背面しか見えませんが) ちゃんと夜も正面から撮影しとけばよかった(^ω^;)
b0122645_1522450.jpg

by ashikawa_junichi | 2009-07-06 14:49 | 食べ物 | Comments(2)

朝5時まで

 昨夜の焼き肉屋は、かみさんがランチで何度も行ったことがあり、安くて美味しいというので、家族3人で食べに行ったのです。
 メニューを見たかみさんは、
「表に、朝の5時までランチメニューて書いてあるけど、ここには書いてないですね」
 と、店の人に訊きました。
 ランチメニューとは、通常より安い価格で昼食を提供するサービスなんですが、それが朝の5時までと書いてあったのです。でも、店の人からは、
「いえ、夜はランチメニューはないんです」
 という答えが。
「でも、お昼に、夜もランチメニューがあるんですかと訊いたら、あるって言ってましたよ」
「いえ、それは違います」
「でも、表に書いてあるじゃないですか。朝の5時までランチメニューって」
「『朝5時まで』というのは店の名前なんです」

 昼にかみさんが訊いた店の人は、よく分からないでランチメニューがあると答えたみたいです。
 外の看板には、
『朝5時まで』と書いてあり、その横に『縁』と小さく書いてあるのです。
 ランチメニューのことは、別の紙に店名とともに書いてありました。
 これでは、朝の5時までやっていることをアピールするために大きく書いてあると思いますよね。店名は『縁』だと勘違いしますよ。だいたい『縁』の意味が分かりません。
 というわけで、安いランチメニューではなく単品で頼んで食べました。それでも、安い店なんですが、なんだか納得出来ない気分です。
by ashikawa_junichi | 2009-07-05 15:48 | 食べ物 | Comments(2)

7月も第2週に突入!

 徳間文庫第2弾の初校ゲラに取り組んでおります!
 眼精疲労が治らず、夜になると文字が霞んできますが、なんとか明日で終わりそうですよ。
 
 とつぜん『婚活』について考えてみました。(いまNHKでやってたので)
 結婚するために活動するんですね。『結活』ではなんだか分からないから『婚活』なんですね。
 えーと、考えてみたけど、なんにも浮かびません。脳味噌がふにゃふにゃになってます。
 
 今日の夕食は、焼き肉屋で食べました。家族で。息子は背は低いけど、足はデカく、大食漢です。肉も米の飯も、サッカー部の同級生で、一番多く食べるそうです。
 で、今日も息子は沢山食べてましたよ。呆れてしまいます(^o^;)
 まこさん、息子の足の写真、撮影するの忘れてました。いま思いだしたので、後日、必ず撮影してアップします!

 さて。もう少し仕事をしなくっちゃ。
by ashikawa_junichi | 2009-07-05 00:19 | 四方山話 | Comments(2)

ぞろっぺ侍

 新作『朝露の楽多郎 ぞろっぺ侍』(徳間文庫・660円税込)が発売されました。
 3カ月連続刊行の第1作目です。
 自分で言うのもなんですが、なかなか面白い主人公で読んでいて楽しいですよ♪
 右のライフログはアマゾンへ、↑のタイトルをクリックすると、セブンアンドワイに飛ぶようにしました。
b0122645_235159.jpg

by ashikawa_junichi | 2009-07-02 23:05 | 小説・本・仕事 | Comments(10)

7月1日

 今年も、ついに後半に突入しました!
 前半に比べて、後半のほうが忙しくなりそうですが、この不景気なご時世に恵まれていると言えるでしょうか。
 でも、ここでよいものを書かない、あとにつながりません。頑張ります!(⌒^⌒)b

 息子は、もうすぐ夏休みです。
 僕は、今年の夏休みにはジュール・ベルヌの『八十日間世界一周』を読むつもりです。uncle_mojoさんのブログ『暢気倉庫通信』に触発されました。
 いままで、夏休みに読んだ幸せな読書体験は『ハックルベリィフィンの冒険』でしょうか。夏休みに読んで大正解!
『カッレ君の冒険』シリーズは、夏休みに読んでませんが、夏休みに読みたかったと切に思います。
by ashikawa_junichi | 2009-07-01 23:59 | 四方山話 | Comments(2)