川崎ロック座2!

 10日の川崎ロック座ツアーに関する記述が少なかったのは、疲れてしまっていたからです。11日は気功教室のあと飲んで帰ってきたので、更新できず、やっと今日、もう少し書いてみようかなと思いました。
 ですが! すでにダーティ・松本さんが詳しく書かれているので、そちらを参照してくだされば充分です。ここへ飛んでください→ダー松の明日はこっちだ!
 ともかく、踊り子さんたちを見ているおじさんたちの顔は幸せいっぱいでした。ぼくも自然と顔がほころんでいるのを感じていました。ああいった多幸感のある場所というのはイイですねえ♪
b0122645_23125459.jpg

# by ashikawa_junichi | 2018-10-12 23:13 | 映画・演劇 | Comments(0)

川崎ロック座!

 10日水曜日は、目玉堂さんとYさんという女性2人に誘われて、川崎ロック座へストリップを見てきました。同行者はぼくを入れて男性4人。ダー松さん、MERRYSUN、K川さんです。
 じつは、いままでの人生で2度目のストリップ体験です。でも1度目は会社の慰安旅行の夜に先輩たちとのぞいた温泉地の場末の劇場で、踊りなんてものはほとんどなく、おばさんがただ見せつけるだけのものでした。殺伐とした気分になったことを覚えています。
 ですから、踊り子さんたちのちゃんとした芸を見られたのは、今回が初めてです。
 いやあ、プロの踊りを堪能しました♪
b0122645_00310896.jpg
b0122645_00321004.jpg
 劇場の前には、なぜか2匹の亀が。
b0122645_00324047.jpg
 

# by ashikawa_junichi | 2018-10-11 00:35 | 映画・演劇 | Comments(0)

孫自慢

 今日8日は、板橋で高校の同窓会があり、わたしはそのあとのクラス有志の飲み会に参加しました。
 ビール2杯、焼酎のソーダ割り3杯で、けっこう酔っぱらってしまって、つぎの店には入らず帰ってきました。みんな、強いなあ……。まあ、遅れてきた連中もいましたが。
 しかしなんですなあ……2人が生まれたばかりの孫の写真を見せ合っていましたよ。そんな歳なんですねえ。ぼくは晩婚だったから、孫の顔はまだ見てないし、息子は結婚しないといっているから見ることもないでしょうか。両親に孫の顔を見せてあげられなかったのだから、ぼくが見られるというのは虫のよい話ですね。
 かわりに、トイプードル2匹を飼っている友人とペット自慢をし合いましたが、キレイにカットされているトイプードルに対して、毛が伸びっぱなしのわがペットまめはちょっと分が悪かったような。
b0122645_23322995.jpg

# by ashikawa_junichi | 2018-10-08 23:36 | 人生 | Comments(0)

紅日毬子さんの漫画朗読『復活祭』!

 7日日曜は、夜にカフェ百日紅へ。早見純さんの個展会期中のイベント「特別漫画朗読会『復活祭』」を観賞しにいってきました。
 女優の紅日毬子(あかひまりこ)さんが、早見さんの名作『復活祭』と『私のような醜い娘』を朗読。脚本は如月悠帆氏、音楽はMERRYSUNです。
 飛行機の音の下、凌辱され殺された少女の独白からスタートします。少女の絶望と虚無が、紅日さんの澄んだ声に乗って伝わってきました。ラスト、強姦殺人魔の男が妻と電話で会話するシーンはどうするのかと思っていたら、あらかじめ録音された紅日さんのひとつ高い声のナレーションで淡々とその冷酷さが表現されており、おおこうきたか!と感服。
 休憩をはさんで、つぎは『私のような醜い娘』です。紅い蝋燭を白い肌に垂らしての熱演。胸をはだけると、真っ赤な蝋が乳房を覆っていたシーンは鬼気せまるものがありました。左目にガーゼを貼っているので片目なのですが、その目が尋常でない力を発しているのです。紅日さんの演技に魅了されました!
 脚本は原作に忠実で、独白だけで構成されています。如月さんの腕のたしかさですね。音楽は、不安な気持ちを増幅させるMERRYSUNの無機質なノイズがなんともこう……じつに落ち着かないです。とてもイイってことですよ♪ 特に『私のような醜い娘』は、世界の終わりのような大災害が起きているので・・・・・・。まったくの私的なことですが、ここ一週間『ツインピークス』の新シリーズを見ていたので、登場人物たちがブラックロッジなどの異次元へいくときのあの気分を思いだしていました。
b0122645_02152096.jpg
 開場前に並びました。なにか書いているのはMERRYSUNでしょうか。
b0122645_02160601.jpg
 物販もあって、紅日さんの写真集を購入しようとしたのですが、以前にぼくが出展した際に配った『平賀源内異形録』のお礼だといわれて、いただいてしまいました! ありがとうございます♪m(_ _)m 少年に扮した紅日さんは、すごくセクシーです♪
b0122645_02214974.jpg


# by ashikawa_junichi | 2018-10-08 02:25 | 映画・演劇 | Comments(0)

飯島一次さんの新刊『将軍家の妖刀-小言又兵衛天下無敵2』!

 飯島一次さんより新刊『将軍家の妖刀-小言又兵衛天下無敵2』(二見時代小説文庫・700円税込)をご恵贈いただきました!
 いまは隠居の身の石倉又兵衛は、11年前は将軍家を守護する御書院番だった。そんな又兵衛のいまの楽しみは芝居見物。その芝居見物の桟敷で隣り合っていたのか、なんと!将軍家お世継ぎの旦那権・家治卿だった。その家治に帰途、襲いかかる魔の手が! 又兵衛は家治から託された名刀を使い、たった一人で立ち向かっていくが!?
 飯島さんのテンポのよい文章に、お話しの面白さだけでなく、又兵衛の小言も楽しめます♪
 好評シリーズの第2弾です! ぜひ、新刊書店などでお買い求めください!
b0122645_23524215.jpg

# by ashikawa_junichi | 2018-10-06 23:53 | いただきもの | Comments(0)

早見純さんの個展『少女復活祭』!

 昨日10月4日は、カフェ百日紅での早見純さんの個展『少女復活祭』にお邪魔しました。
 早見さんの名作『復活祭』のその後の物語……と思える作品が展示されています。
 BGMは、あいみょんです♪ 雰囲気ピッタリです!
b0122645_22234582.jpg
b0122645_22243781.jpg
『復活祭』の原画も見ることができます。
b0122645_22232518.jpg
 店内で、早見さんは手書きのポストカードを製作していました。運がよいと、早見さんが絵を描いているところを見られますよ。ツーショットも可能です♪
 1時間ほどいて、ダーティ・松本さんと『北海』で、刺身三点盛りなどをさかなにビールをごくごく。遅ればせながら、ダーティさんの個展の打ち上げをしました♪
 そのあとは、早見さんの絵が飾ってある近くのBAR『アンチェル』へ。ジャズとクラシックの音楽がレコードで流れています。いい音です。
b0122645_22254603.jpg
b0122645_22260762.jpg
b0122645_22262253.jpg
 マスターは音楽好きであるとともに、アート好きのようで、灰皿もアーティスティック。
b0122645_22263345.jpg
 でっかい燻製肉も置いてあり、そぎ撮った何枚かとピクルスなどの盛り合わせ。
b0122645_22271829.jpg

# by ashikawa_junichi | 2018-10-05 22:39 | 音楽・アート | Comments(0)

メグレ警視にツインピークス新シリーズ

 10月になりました! 1日は工事があったので、立ち会いで一日中家にいました。いつもより早く起きたので眠くてたまりせん。暑いので冷房をつけて快適に居眠りできるはずが、工事人に呼ばれて思うとおりにはなりませんでした。
 ダーティさんの個展最終日なので、夜にちょっと寄ろうかなと思っていたのですが、くたびれてしまって無理でした。

 さて。
 メグレ警視といえばいまは亡きジャン・ギャバンの印象が強いのですが、最近イギリスで放送されたシリーズは、あのミスター・ビーンを演じたローワン・アトキンソンがメグレを演じていました。しかも、イギリス製作なので全編英語。でも舞台はフランス。アトキンソンのメグレは目が鋭すぎますが、それも彼の味でしょう。
 シリーズ2の2作品を観たのですが、なかなか面白かったです。
b0122645_00300989.jpg
b0122645_00313540.jpg
 そして『ツイン・ピークス』の新しいシリーズ『リミテッド・イベント・シリーズ』を観はじめました。相変わらず、思わせぶりでなかな進まず、しかし先が観たくなってしかたなくなる面白さ。一気に観たいけど、我慢して、少しずつ観ます。
b0122645_00314969.jpg

# by ashikawa_junichi | 2018-10-02 00:35 | 映画・演劇 | Comments(0)

旧友との飲み会 台風24号

 28日金曜日は乱歩賞のパーティがあったのですが、連日の外出、飲酒で疲労がたまっているので、家でゆっくりしていました。年に一度のパーティでしかお会いできない人たちがいて、心残りではあったのですが。
 とくに○殿さんにお会いしたかったのですが……体調はどうなんでしょう? SNSにも投稿されていないようなので心配です。
 29日は、旧友がきてくれるというので、近場で2時間ほど飲んで歓談。若いころに心を病んで、いまも障害者手帳を持っていますが、2年ほど前に結婚して落ち着き、生活も順調のようでなによりです。
 普通は飲んだあとに珈琲店にはいきませんが、あまり飲まない友人とは別です。タリーズコーヒーでドーナッツも食べました。
b0122645_18042898.jpg
 そして、今日30日は、日比谷野外大音楽堂で、のんのライブだったのですが……台風のために中止です。午後8時には、JR東日本が運休するほどなので仕方ありません。しかし、残念!
 台風24号の被害が大きくならないように願っています。みなさま、お気をつけて。

# by ashikawa_junichi | 2018-09-30 18:14 | 日常 | Comments(0)

千野隆司さんの新刊『入り婿侍商い帖-凶作年の騒乱(一)』!

 千野隆司さんより新刊『入り婿侍商い帖-凶作年の騒乱(一)』(角川文庫・734円税込)をいただきました!
 大黒屋の角次郎は、周囲の信用を得て、商売も順調になってきた。だが、旱魃(かんばつ)による凶作がつづいているなか、卸もとの藩領の2つの村から、来年からの取引の変更をいいわたされる。そして、2つの村の村名主たちが行方不明になったことから、角次郎は裏でうごめく何者かの影を感じ取るのだが!?
 大人気シリーズの新章第一弾です! ぜひ、新刊書店などでご購入ください!
b0122645_16443599.jpg

# by ashikawa_junichi | 2018-09-27 16:57 | いただきもの | Comments(0)

『馬ござる』で馬三昧の夜(24日)

 24日、月曜日は、カフェ百日紅に集合してから、6人で十条駅近くの馬肉専門店『馬ござる』へ!
 たらふく食べて2000円ちょっと。以前にいった板橋駅近くの『馬の串ん』よりお金少しかかりましたが、その分多く食べてますから、コストパフォーマンスは同じくらいでしょうか。いや『馬ござる』のほうが肉の量が若干多いかも。
 しかし、この店、店名がどこにも書いてない! いや、書いてはありますが、表のガラスドアに貼ってある紙に手書きです。店を知っている人がいたから、すんなり着けましたが、知らなかったら迷うところでした。
b0122645_20295778.jpg
 まず馬刺しの四点盛り。馬のもも肉、肩ロース、あばら側の肉、胸椎後方の肉!みんなかなり旨い! たてがみなど、当日は店にない部位があって、食べられなかったのは残念。
b0122645_20315625.jpg
 馬のレバー。なかなか旨い!
b0122645_20343708.jpg
 馬のタン。なかなか旨い!
b0122645_20351140.jpg
 もやし炒め馬肉入り。もやしも馬肉もなかなか旨い!
b0122645_20363767.jpg
 エリンギ。これもデカイ! そして、旨い!
b0122645_20371973.jpg
 馬の脊髄。白子っぽいです。好みの分かれるところ。白子のほうが旨い。でも、これもまあまあ。
b0122645_20375692.jpg
 ねぎ塩のぶつ切り馬肉。これも生で。旨いです!
b0122645_20385166.jpg
 もうお腹いっぱいですが、もう少し食べたいという若い大食漢が頼んだのがコレ。メニューには『つくね(ハンバーグ目玉焼きつき)』とありました。見た目はハンバーグですね。(左上です)ちょっとだけもらいましたが、けっこう旨い!
b0122645_20420995.jpg
 どこの馬肉なのかはわかりません。訊けば教えてくれたのかもしれませんが、客がたくさんいて、スタッフたちは大忙し。とても訊ける余裕がありませんでした。
 まあ、熊本とか長野とか宮城ではないでしょう。でも、なかなか旨かったのですから、そして大変に安いので、充分に満足です!
 デザートに黒ごまアイスを2人でひとつ。アイスに黒ごまの蜜がかかっているので、甘~~~~いです。ひとつだと甘すぎて食べられないかも。シェアしてよかった。
b0122645_20473695.jpg
 2時間制でしたが、1時間40分くらいで、もう食べられず飲めずなので、終了しました。

 時間を遡って……店には19時に予約を入れていたのですが、10分早く着いてしまったので、すぐ近くにあるという大衆演劇の芝居小屋・篠原演芸場を外観だけ見学。キレイな建物です。
b0122645_20502270.jpg
 実は十条駅で降りたのは、おそらく生まれて初めてです。アーケードのある道を撮影しました。ちょっとだけタイムスリップしたような……どこかの地方都市に来ているような……。なかなか楽しそうなので、また来てみたいです。
b0122645_20541832.jpg

# by ashikawa_junichi | 2018-09-26 21:01 | 食べ物 | Comments(0)