魔女狂夜さまのお茶会

 27日土曜日の夕刻、板橋のカフェ百日紅に、魔女狂夜さまがご来臨されるというので、いそいそとでかけました。
 魔女さまに納税すると、チェキがもらえます。
 1時間半ほど楽しくお話しました。
魔女狂夜さまのお茶会_b0122645_17244694.jpg
 店内は常設展示。ダーティ・松本さんの絵が2枚も! 艶冶艶冶♪ ここに写っているのは1枚だけですが(^_^; かわりにダー松さんの帽子が右下に写ってます。
魔女狂夜さまのお茶会_b0122645_17253327.jpg
魔女狂夜さまのお茶会_b0122645_17263199.jpg
魔女狂夜さまのお茶会_b0122645_17303589.jpg
 百日紅の店主・目玉堂さんはカエル好きですが、新しい置物を発見! 黒猫もはじめて見たかも。
魔女狂夜さまのお茶会_b0122645_17264715.jpg
 百日紅のあとは、2か月ぶりに居酒屋『北海』へ。いろいろ食べて生ビール2杯、チューハイとハイボールを1杯ずつの計4杯。ほろ酔いで帰宅。このところ、たいして飲んでないのに帰ってすぐに2~3時間眠ってしまうことがつづいていましたが、今回は大丈夫。昼飯をちゃんと食べたおかげでしょうか。これまではダイエットで空きっ腹で飲んでましたから、それがいけなかったのかも。

# by ashikawa_junichi | 2022-08-28 17:35 | 音楽・アート | Comments(0)

はじめてセミを食べました!

 書き忘れてました。数日前、息子にセミの素揚げを食べさせられました。息子が彼女と飛鳥山で採ってきた10匹以上のセミのうちの2匹。息子は前に食べた経験ありですが、彼女はないそうで興味津々だったとか。しかし、なんと甲殻アレルギーだというので、大事をとって食べないことにしたそうです。
 飛鳥山で蝶を採っていた子どもたちが、セミを採っているカップルを見て「なんでセミ採ってるの?」と不思議がっていたとか。食べると聞いてさらにビックリ。まあ、そうでしょう。
 さて。羽とくちばしを除いた素揚げのセミを、思い切って食べてみました。すると、ずいぶんとクリーミーで旨かったですよ。ただ、一度冷凍したせいか、外殻が硬くてなかなか飲みこめませんでした。すぐに調理したらそうでもないとか。
 注意事項ですが、生きているセミを安楽死させてすぐに食べるか冷凍しなくてはいけないとか。すでに死んでいるセミを調理してはいけないそうです。そして、鳴かないメスのほうがオスよりもクリーミーさが増して旨いそうです。羽を取らないで天ぷらにすると、羽がパリパリして美味だそうですよ。
はじめてセミを食べました!_b0122645_01573099.jpg


# by ashikawa_junichi | 2022-08-27 02:01 | 食べ物 | Comments(2)

細谷正充さん編纂の『まぼろしの軍師-新田次郎歴史短篇選』!

 細谷正充さんより細谷さん編纂の『まぼろしの軍師-新田次郎歴史短篇選』(中公文庫・990円税込)をいただきました!
 山岳小説家として有名な新田次郎ですが、実はそれは新田次郎の一側面に過ぎず、多彩な傑作を書きつづけた作家でした。このアンソロジーは、新田次郎が早くから取り組んできた歴史時代小説のなかから、バラエティに富んだセレクトをしています。細谷さんの眼力に敬服!
細谷正充さん編纂の『まぼろしの軍師-新田次郎歴史短篇選』!_b0122645_01025047.jpg



# by ashikawa_junichi | 2022-08-26 01:05 | いただきもの | Comments(0)

蕎麦屋で七友会 グッと老けたわたくし

 20日の土曜日に、恒例の高校クラス会『七友会』が板橋の蕎麦屋『さわだ屋』でありました。7月はコロナのせいで中止でしたが、今回は4回目のワクチンをみんな接種しているので、決行しました。
 〆の蕎麦をたぐるわたし。ほかのみんなは田舎蕎麦でしたが、前にこの店にきたときに食べたので、今回は普通のお蕎麦。いや、これも田舎蕎麦に劣らず旨かったです!
蕎麦屋で七友会 グッと老けたわたくし_b0122645_00035234.jpg
 しかしなんですな、額がはげ上がってきておりますな。天頂部分だけでなく。しかも、ダイエットで減量したせいか、顔の肉が垂れ下がり、ぐっと老けております。嗚呼……。(もっと老け顔の写真もありますが、アップしません!)

# by ashikawa_junichi | 2022-08-23 00:06 | 飲食 | Comments(0)

新つれづれ草第19号!

『新つれづれ草第19号』が絶賛発売中です。ご注文はここ→で!(クリックしてください) ここへ飛べば、この雑誌のことがいろいろとわかりますよ! 配信版は無料で楽しめます♪ 『アシシの掌編劇場』もよろしく!
 今回、わたしは参加しておりませんが、次号は絶対に参加いたします!(1年後ですが)
新つれづれ草第19号!_b0122645_01034721.jpg

# by ashikawa_junichi | 2022-08-19 01:05 | 小説・本・仕事 | Comments(0)