板橋本町オカルト散歩・その2

 18日火曜日に決行した『板橋本町オカルト散歩』のつづきです。
 新板橋から板橋本町へ移動し、仲宿の旧中山道沿いの道へ。人通りがなぜか少ないです。
b0122645_19515448.jpg
 ぞろぞろ歩く、われらオカルト散歩隊!
b0122645_19202149.jpg
 深瀬さんは、花屋で花を購入。
b0122645_19214864.jpg
 ここらあたりは昭和のはじめは岩の坂という名前で『貰い子殺し』のあったところだそうです。上流階級の不義の新生児などを養育費を貰って育てるといって、炭鉱や遊廓に売り飛ばしたり、殺してしまう犯罪者がおり、1年で41人も殺されたとか。そして、無法者たちが集まる、一種のスラムでもあったようです。いずれにしても、半世紀以上も前の話ですが。
 深瀬さんはときおり路地の前で立ち止まり、路地のなかをじって見ています。ある路地では、首がない10~15歳くらいの子どもが4、5人いるといってました。
b0122645_19434831.jpg
 史跡『縁切り榎』を祀ってある神社へ。ここは、東京で一番縁切りの力が強いのだそうです。ぼくは、これから罹るかもしれない病気との縁切りを祈ってきました。本格的に祈るには、絵馬を奉納するのがよいようですが、絵馬を売っている場所がちょうど昼休みで閉まっていました。
ここで目玉堂さんは足が重くなり、嫌な感じがしたといっていました。
b0122645_19460634.jpg
 深瀬さんはなにやら祈っているようですが、話を聞きそびれてしまいました。
b0122645_19472568.jpg
 旧岩の坂の道を歩いていくと、石神井川に架かる板橋に達します。
 石神井川沿いの遊歩道には大木が。その大木に手をあてて、深瀬さんはしばし目をつむって、大木と話をしているのか、祈っているのか……。
b0122645_19571804.jpg
 花を一輪、大木の根元に手向けていました。
b0122645_19590379.jpg
 この大木は大きなパワーがあって、木の精霊と人の霊がたくさんいるとのこと。人の霊の半数以上は水子だそうで、大木のパワーのもとに精霊といるので穏やかだそうです。子殺しとは関係ないのでしょう。
 石神井川に架かった板橋を渡ると、人通りが多くなってきました。この写真では分かりにくいですが、さらに歩くとそれまでとは明らかに違っていました。
b0122645_20044363.jpg
 もっとも怖い(はずの)通りは過ぎました。ほっとしたのですが、実はこれから先に、もっと不思議な現象や、怖いことがありました。次回につづきます。



# by ashikawa_junichi | 2018-09-19 20:10 | 四方山話 | Comments(0)

板橋本町オカルト散歩・その1

 18日火曜日、午後1時に新板橋駅A3出口に有志たち9人(1人は途中参加)が集合して、オカルト散歩に繰り出しました。
 板橋本町へいく前に、新板橋駅構内の不思議な通路へ。A1の出入口出口から改札口までの通路なのですが、ここから外にどうしても出られない、逆に出入り口から改札までたどりつけない、あるいは、20分くらいかかってやっと目的の場所に着けたという人がいるそうです。そのように迷ってしまった人が、参加者のなかに2人いました。参加者のお母さんも同じ目にあったそうです。
 この通路自体、けっこう長いのですが、15~20秒ほどで通り抜けられ、20分もかかるものではありません。ぼくは先頭を切って歩き、すいすいと進んだのですが、48代正陰陽師で、現代芸術家、画家、スピリチュアルカウンセラーであり、そのほかさまざまな活動をされている深瀬綾(りょう)さんは、立ち止まると、通路の途中で空間がゆがんでいると指摘し、ゆがみ始めた場所を指し示しました。
b0122645_18462050.jpg
 撮影したときは分からなかったのですが、写真を見ると、指し示した場所から先がゆがんで見えます。
 ゆがみのせいで、迷う人がいるのでしょうか……。

 今日は睡眠不足で、長いあいだ歩き、いわくのある場所をいくつか訪れたので、疲れてしまいました。というわけで、今回はここまで。以後、複数回に分けて板橋本町のオカルト散歩を報告いたします。
 板橋本町に到着して、地上に出ようとしているところです。
b0122645_00584666.jpg

# by ashikawa_junichi | 2018-09-19 01:01 | 四方山話 | Comments(2)

カフェ&ギャラリー『BISCOTTI』へ!

 16日、日曜夜、祭りの神輿が通る混雑した道をすりぬけながら、かみさんと近所の蕎麦屋へ。そこで飲んで食べてから、8月にオープンしていた、これまた近所のカフェ&ギャラリー『BISCOTTI』へ!(青字をクリックするとお店のホームページへ飛べます)
 ちょっと前に外からのぞいてみたら、メイドさんの写真が展示されていて、働いているのもメイドさん風のかたたちでした。でも、メイドカフェではなさそう。ネットで調べてみたら、店員さんたちの制服がメイド風ってだけのことでした。
 入店してみたら、メイドさんの写真の展示ではなくなっていました。それは、おぐさんというかたの『12人のメイド展』というものですでに終了し、いま開催しているのは、ぴょん太さんの『ぴ的挿画展』です。小説の挿絵のように、物語の一シーンを切り取ったイメージ写真が展示されています。写真をつぎつぎに観ていくと、爽やかな風に吹かれているような気持ちよさを覚えました。会期は今日(17日)まで。
 店員さんは顔の小さなハーフの可愛らしいお嬢さんでした。そこにいたカメラマニアのお客さんがいろいろ話してくださったのですが、この店は、オーナーがモデルの女性で、時間制で働いている女性たちもモデルさんたちだそうです。基本的に写真展を開催しているようですね。
 蕎麦屋では物足りなかったかみさんは、ワインを飲み、キーマカレーを食べてましたが、少しもらったところ、ずいぶんと美味しいカレーでしたよ♪ ぼくは、ハイボールと珈琲をいただきました。
b0122645_19111396.jpg
 店員さんの写真アップはNGなんですが、うしろ姿はいいかな。
b0122645_19113952.jpg
b0122645_19123816.jpg
 18日火曜は定休日で、19日水曜日からは、新しい展示になるようです。

# by ashikawa_junichi | 2018-09-17 19:22 | 音楽・アート | Comments(0)

ダーティ・松本さんのお宝映像祭!

 15日土曜日は、カフェ百日紅(ひゃくじつこう)でダーティ・松本さんの『一夜かぎりのお宝映像祭』がありました!
 ぼくは、ノートパソコンを持参して映写の手伝いを。
 早見純さん、エル・ボンデージさん、角銅博之さん、ダー松さんの熱狂的なファンのかたがた、百日紅の常連さんなど多数が観賞しました♪
 凄惨な血の饗宴、ガンアクション、懐かしの○○バン刑事等々の映像を、途中休憩をはさんで2時間楽しませていただきました!
 あとでダー松さんと話したのですが、今回はエロがありませんでした! ダー松さんも、それまで気がつかなかったようです(^o^)
 画像は、開始前の店内。
b0122645_00540322.jpg
 ダーティ・松本さんの個展『La Danse~美天使の舞踏会~』は、10月1日月曜日まで。カフェ百日紅は、火曜、水曜が定休日。15時から23時までです。
b0122645_00542631.jpg
 映像祭のラストに上映された、カフェ百日紅10周年記念動画です♪
https://youtu.be/W6coCP2_zds



# by ashikawa_junichi | 2018-09-17 00:58 | 映画・演劇 | Comments(0)

千野隆司さんの新刊『野分の朝-江戸職人綴』!

 千野隆司さんより新刊『野分の朝-江戸職人綴』(徳間時代小説文庫・724円税込)をいただきました!
 江戸の市井に生きる職人たち。彼らは、おのれの腕のみを頼りに、懸命に生きていく!
 練達の筆致で描いた職人たちの生きざまと男女の機微!
 千野さんが小説誌に11年に渡って執筆されてきた珠玉の短編を集めています。
 ぜひ、新刊書店などでお買い求めください!
b0122645_23171989.jpg

  
 

# by ashikawa_junichi | 2018-09-12 23:18 | いただきもの | Comments(0)

ダーティ・松本さんの個展初日!

 6日木曜日の夕方、板橋のカフェ百日紅十周年記念企画展『ダーティ・松本個展 La Danse~美天使の舞踏会~』を観てまいりました!
 百日紅の店内を、エロティックで躍動的、絢爛たるダーティ・ワールドが渦巻いています。一回観ただけでは、この小宇宙空間を味わいつくせないでしょう。
 といっても、漫画関係の旧知のかたがたや、初めてお会いするかたがたがいて、話に花が咲き、観賞に時間を割けませんでした。また、なんどもいくつもりです。
b0122645_01191314.jpg
b0122645_01214475.jpg
b0122645_01222947.jpg
 居合わせた永山薫さんからは『マンガ論争vol.19』を、エル・ボンデージさんからは同人誌『ボンデージ女子・プロレス編』をいただきました♪
b0122645_01244201.jpg
『ボンデージ女子・プロレス編』は、ダーティ・松本さんの今回の個展と同じタイトルの『La Danse~美天使の舞踏会~』とのカプリングです。反対側の表紙はこうなっています。
b0122645_01310672.jpg

# by ashikawa_junichi | 2018-09-07 01:32 | 漫画 | Comments(0)

足指を鍛える

 台風21号の被害に遭われたかたがたにお見舞い申し上げます。水害の映像は、東北大震災を思いだすほどでした。あらためて自然の猛威を痛感しました。
風害、は不謹慎ですが空の大怪獣ラドンを思い出してしまいました。怖いです。

 災害で連想したわけではないのですが、危急のときにさっと逃げ出すためには、足腰を鍛えておかないとと思います。ぼくの場合はまず足です。左足首を中学時代に骨折したためか、足先が上がっていなくて、段差につまずきやすいのです。これまで何度か蹴つまずいて、すっ飛ぶように倒れこんだことがあります。
 そこで、気功の師匠hanaさんに薦められたバランストーンを購入しました。
 これを足の指にはめるのは簡単でしたが、はめたまま爪先立ちでエクササイズをするのはけっこう大変です。
 バランストーンをはずしたあとは、なんだか足指に力が入り、歩きやすくなった気がします。
 装着した写真をアップします。ぼくの足は気持ち悪いかもしれませんが(^o^;)
b0122645_00301381.jpg

# by ashikawa_junichi | 2018-09-06 00:54 | 健康 | Comments(0)

新大久保ERTHDOMでライブ観賞!

 30日木曜日の夜、新大久保のライブハウス『EARTHDOM』へいってきました!
 この夜開催の『巧と匠、真夏のジェノサイド特集』に、知り合いのノイズミュージシャン・MERRYSUNの『緊縛病棟』が出演したからです。
 4ユニット出演で、緊縛病棟はオープニングでした。
b0122645_01251228.jpg
 白衣を脱いで、ワイルドにギターを弾いてます! カッチョええ♪
b0122645_01254023.jpg
 緊縛病棟のあとは『Coakira』『Seij minus aC』そして今回のメインユニット『PSYDOLL』のライブを楽しみました♪
 PSYDOLLは、迫力あるボーカルに、エッジの利いたギターが魅力的でした。
b0122645_01370327.jpg
 PSYDOLLのボーカル・猫井るととさんは、漫画家の千之ナイフさんの奥さまです。物販会場&打ち上げ会場には、千之さんもいらしたので、記念写真を♪ まんなかはMERRYSUNです。
b0122645_01374655.jpg



# by ashikawa_junichi | 2018-09-01 01:42 | 音楽・アート | Comments(0)

榎本秋さんの新刊『合戦地図で読み解く戦国時代』!

 榎本秋さんより『合戦地図で読み解く 戦国時代』(SBビジュアル新書・1080円税込)をいただきました!
 応仁の欄から大坂夏の陣まで、名将たちが知力と体力を尽くして戦った無数の合戦のうち、後世に大きな影響を与えた名合戦を、勢力図と合戦図を用いて解説し、戦国時代の全体像を明示しています! 実に分かりやすいですよ。さらに、名将たちの生きざままでもが見えてきます。
 ぜひ、新刊書店などでお買い求めください♪
b0122645_17081912.jpg

# by ashikawa_junichi | 2018-08-30 17:13 | いただきもの | Comments(0)

夏の♡♡熟女まつり!

 27日月曜日は、ダー松さんと板橋の養老乃瀧でビールなどをキュイーっと飲んだあとに、カフェ百日紅へ。
『夏の♡♡熟女まつり』が開催中。ウィークデーの夜なのに、盛況で満員でした。
 昭和テイストの絵画や写真は見応えがありましたよ♪ 9月3日までです。15時~23時。本日水曜はお休みです。
b0122645_19493538.jpg
 熟女写真を自撮りで撮りつづているアーティスト・マキエマキさんとのツーショット♪ 偶然ですが、上衣が同じ色でペアルックみたい。
b0122645_19534202.jpg
 カフェ百日紅にいるあいだに、なんども稲光と落雷の音がして、激しい雨が降っていました。
 来店していた現代美術家の深瀬綾さんは「珍しい芸術家たちが集まったからか、雷神さまが歓喜の舞を踊っているのかしらwww」と仰ってました(^o^)
b0122645_19565682.jpg

# by ashikawa_junichi | 2018-08-29 20:03 | 音楽・アート | Comments(0)